外壁塗装・屋根塗装の必要性とは?

外壁塗装の必要性

塗装工事の必要性1・外壁・屋根に防水性を持たせる

外壁・屋根の防水性改善

外壁材には、窯業系サイディング・モルタル・ALC・金属系サイディング・木質系等、これらの外壁は、塗装が必ず必要です。紫外線や雨等で外壁は、防水性を失います。防水性が無い外壁は、水分を吸収しやすい状態になり家の躯体に影響を与える危険性があります。過去の経験から、築30年で塗装工事を過去2度、やられている建物と、築20年で初めて塗装工事をする建物では、外壁・その他付帯部の劣化具合は差が出ます。そこで掛かる費用も変わってきます。建物は、大きいが故に丈夫そうに見えますが、デリケートなものです。

塗装工事の必要性2・コーキング

コーキングのひび割れ

意外と目にいかないコーキング。コーキングを注入するすることで、防水性と耐候性の高い外壁ができます。コーキングの弾力性で外壁材の膨張を吸収し破損を防ぐことで外壁材の寿命を延ばせます。外壁塗装工事の際は、塗装=コーキングと。お家の長寿命化を実現するには、必要不可欠な部位と認識していただきたいです。

塗装工事の必要性3・資産価値を守る

資産価値を守る

外壁や屋根をメンテナンスし綺麗な状態を維持することで住まいの資産価値を守ることにも繋がります。定期的にメンテナンスをしているお家とメンテナンスをしていないお家では資産価値にも差がでることでしょう。

※外壁塗装


外壁高圧洗浄

【高圧洗浄】外壁にこびりついた苔やカビ、チョーキングを150Mpの圧力でしっつかりと洗い流します。塗装の密着にも大きく関わる大切な作業工程です。外壁だけでなく屋根・雨樋・雨戸なども同じように洗い流します。

コーキング処理

【コーキング】コーキングも年数が経つと劣化します。隙間ができたりひび割れが発生して外壁材にダメージを与える原因にもなります。そこで既存のコーキング材を撤去してから新しくコーキング材を充填します。特に建売住宅をご購入された方は要注意です。全ての工務店・メーカーとは言いませんが建売住宅は建築コストを抑える傾向があり材料を比較的低コストに抑えたりするため質の良いコーキング材が使われていないケースもございます。コーキングは、【内部に水が侵入しない・外壁材の保護】建物にとって重要な部位です。気になる方は今一度ご自宅のコーキングを確認してみましょう。

養生

【養 生】塗装の際は必ず養生をします。養生は塗装の仕上りを大きく左右する作業工程です。素人の方が見てもわかりにくい部分ではありますが、過去に塗り替えをしたことがあるお家を塗り替えする際、前回の塗装業者さんが丁寧か等、プロが見れば一目瞭然で判断できます。塗ることは正直誰でも簡単に塗れたりもしますが、養生は経験と知識が必要な作業です。翔建は塗る前の段階でも力を注いでおります。

外壁下塗り

【下塗り】外壁塗装に外せないのが下塗り作業です。外壁材が【サイディング・モルタル・】下地によって材料を選定します。最終的には見えなくなる部分です。お見積りの段階で工程写真の有り無しを確認するのも良い塗装会社を選ぶポイントかもしれません。又、メーカーにもよりますが乾燥時間が決まっております。どこの塗料メーカーを使用するかにもよりますがお見積りの際はしっかりと業者に確認を取りましょう。

外壁塗装中塗り

【中塗り】下塗り完了後、乾燥期間をおいて中塗り作業を行います。全工程共通して言えることですが、油性塗料「弱溶剤」ならシンナーの希釈率。水性塗料なら水の希釈率。を職人さんが守ることが重要です。希釈が大すぎると完全に塗料が乾燥しなかったり、経年による膨れ等も発生しやすくなります。現場作業の時に測定器(秤)が置いてあるか。チェックするのもポイントです。

外壁塗装上塗り

【上塗り】仕上げ作業の上塗りも、中塗りの乾燥時間を守り塗装します。最低でも外壁の仕上げまで3日はかかります。2日で完了する場合は要注意かもしれません。上塗り仕上げのポイントは、中塗り材で使用していたローラーを新しく変えて塗料の排出を良くして塗膜をしっかり付けます。又、中塗りと同じく塗料の希釈率も考え塗装する事が重要です。

外壁塗装コーティング

【コーティング】弊社は上塗り材保護のコーティング材も推奨しております。コーティングをする事で上塗り材を保護し、期待耐用年数をアップします。例えば、上塗り材期待耐用年数12年に対して、コーティングをする事で最低5年最高10年アップします。費用もプラスにはなりますが塗り替えサイクルを抑えるにはオススメいたします。※使用する塗料メーカーや外壁材により向き不向きがあります。

※屋根塗装

屋根高圧洗浄

【高圧洗浄】屋根塗装の工事をする場合は、必ず高圧洗浄で苔等汚れを落として塗装いたします。高圧洗浄は塗装の密着をよくするための重要な作業になります。現場調査を依頼する場合は、必ず屋根も写真付きで診断してもらうことをオススメいたします。又、屋根は外壁以上に汚れが付着しているケースがほとんどなため、高圧洗浄をすると汚れの飛散が凄く、高圧洗浄を行う際は飛散対策を徹底して行います。外壁塗装と同様屋根塗装もご検討中のお客様は施工される塗装会社様としっかりと打ち合わせする事をオススメいたします。

屋根塗装下塗り

【下塗り】下塗りがなぜ必要か・・・実は上塗り塗料には接着力がほとんどなく、そのまま塗装すると直ぐに剝がれてしまいます。そこで重要なのが下塗り塗料。屋根・外壁と上塗り塗料をしっかり密着させる接着剤のような役割を果たすことで、上塗り塗料の密着性が高まります。ただ、数年前に塗装工事を行った屋根・外壁は、前回使用した塗料に応じて下塗り材を選定する必要があります。

屋根塗装板金錆止め

【錆止め】屋根には鉄部の部位もございます。スレート屋根の大半は鉄部の部位がございます。鉄部の部分とスレートの部分では基本的に下塗り材を分けて塗装するのが一般的です。塗装会社が取扱メーカーによっては、スレート・鉄部に対して共用できる塗料もありますが、その点はお見積書の内容や担当者の方とよく確認をした上で塗装していただくことをオススメいたします。

屋根塗装中塗り

【中塗り】屋根・外壁の塗装工事で中塗りも大切な工程です。まれに、「3回も塗るの?」とお客様から耳にすることもございます。確かに下塗りを塗り、上塗りを塗装すれば一見綺麗に塗装してあるように見えますが、そうではありません。中塗りを塗ることで凸凹等ない滑らかな下地を作り上塗りが綺麗に塗れるよう下地を更に整えます。又、塗料には期待耐用年数があり、その効果十分に発揮するには中塗りの工程は外せない工程であります。

屋根塗装上塗り

【上塗り】下塗り・中塗りの工程を踏んだ上の仕上げ作業上塗りは塗料の性能を十分に発揮する重要な工程です。屋根は特に劣化しやすい部位になるため上塗り作業は外せない塗装工程になります。規定の希釈率や塗布量を守り仕上げ作業をするのが重要です。美観に関しては、中塗りで滑らかにした屋根に上塗りを塗装する事でより滑らかでムラの無い仕上がりになります。